ポケットティッシュが販促に便利な理由とは

販促とは販売促進を意味しており、販売促進効果を狙う目的で企業やお店などはノベルティを配布するケースが多くあります。
ノベルティは無料で提供する粗品のようなものですが、粗品と言っても販売促進効果を期待する場合には貰った人が喜んでくれるもの、便利に使えるもの、人目に触れる事が多いものなど、幾つかの選ぶための条件があります。
ノベルティは広告費用の中で計上が行われるため、1つ当たりの値段があまりにも高いと多くのノベルティを配布する事が出来なくなります。
より多くの顧客に配布するためには、1つ当たりの単価が安く、受け取ってくれた顧客が便利に使って貰えるものを選ぶなどが重要です。
ポケットティッシュなどの場合は、単価が安い、しかも受け取る人の確率が多いので宣伝効果を期待出来るノベルティの一つです。

広告チラシだけでは受け取らない人も貰ってくれます

道端で広告チラシを配布しているシーンを見かける事があると言う人は多いと言えましょう。
しかし、広告チラシに何が書いてあるのか分からない状態でも、広告チラシを受け取る人はそれほど多くはありません。
これは広告チラシを貰っても、自分にとってメリットがないものと認識をするケースが多いからです。
例え、自分にとってメリットがある内容の広告チラシでも、こうした先入観があると受け取る人の数は多くありません。
しかし、広告チラシをビニールに入れる、その中にポケットティッシュを入れて配布すると受け取る人の数は多くなります。
チラシだけでは宣伝効果はありませんが、ポケットティッシュと言う一つのアイテムを加える事で受け取ってくれる数が増えるなど、広告宣伝の手法の中ではこうした方法もあるわけです。

単価が安いため大量に配布したい時でも有利です

販促品には何が良いのかマーケティング担当者は悩みを抱える事は多いと言えましょう。
ノベルティを制作する方法もありますが、広告予算の中で多くの顧客に配布をして宣伝を行うなどの場合は、1個当たりの単価が安いものを選ぶ必要があります。
ティッシュの場合は、ビニールの外側についているポケットに広告を入れる事も出来ますし、ビニールの内側部分に入れる事も出来るなど、カード型の広告を入れておけば宣伝効果を高める事も出来ます。
さらに、広告チラシと一緒に配布を行うと、チラシ広告だけでは受け取って貰えなくても、中にティッシュがある事で受け取る人が増えるなどのメリットを持ちます。
単価が比較的安いので大量発注を行っても広告予算の中で収まる、しかも販促効果を持つなどのメリットもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加